ハナウタカジツ

ハナウタ便り

柚子の大馬鹿18年

本田農園の広報誌「こだま」からの一節。
「桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年」

ことわざの通り、柚子は苗を植えてから収穫するまで長い間 手間ひまがかかります。
山都町の柚木(ゆのき)地区では女の子を授かった際 誕生を祝い、柚子を植えるそう。人もまたゆっくり育つため、柚子とともに気長に見守る思いからか。
写真はカノの絵を奥さまがブローチにしたもの。 

 


この投稿の関連記事

>>ハナウタ便り一覧へ
  • LINE@
  • ハナウタコラボ
  • メディア情報

ページの上部へ