ハナウタカジツ

ハナウタ便り

千両みかん

IMG_9083
「千両みかん」という落語。
病に伏せる若旦那。
どうしても、みかんが食べたいとデッチを走らせます。
ただ、季節は夏。どこにもみかんがなく、ほとほと困っていると あるみかん問屋にみかんがあるとの知らせが。
ありがたいと伺ってみると、みかん1個千両。
どうしても みかんを食べたい若旦那、デッチに買わせます。
美味い美味いと食べる若旦那、10房あるうちの7房食べると 買ってきた駄賃に家族で食べなさいと3房をデッチにあげます。
家路を急ぐデッチ、1個千両 10房千両 3房300両…3房握って姿を消してしまいました。

必要な人の価値と一般的な価値を見まがってしまった風刺の効いた話。

1/21 お寺de落語
千両みかんはありませんが、オススメな会です。IMG_9106


この投稿の関連記事

>>ハナウタ便り一覧へ

ページの上部へ