ハナウタカジツ


ハナウタコラボ ハナウタコラボ

ハナウタカジツ×140字小説
140字小説×ハナウタカジツ

ハナウタカジツの魅力をもっとたくさんの方に知っていただくために、「ハナウタカジツ」の果実たちをテーマにした140字小説コンテストを開催しました。第1回目のテーマは「どすこい!!横綱みかん」12/15~1/15まで作品を募集し、72作品のご応募をいただきました。厳正な審査の末、受賞4作品が決定いたしましたので、ご報告させていただきます。

最優秀賞

最優秀賞の写真

【書評】
「どすこい!!横綱みかん」の“頭”はとても大きく、頭一つも二つも抜きん出いる勢いです。そんないわれを知っての、受験生へのプレゼントでしょうか。 眠気をさますために窓を開ける、というところに親近感を覚えました。そこに「きらきら瞬く星」という景色を取り込む手法も見事です。 また、「がんばれ」の文字を書いたのは一体誰なのだろうという想像が膨らみました。お母さんからかもしれないし、おじいちゃんからかもしれない。私は、小さい弟が覚えたてのひらがなで書いているところを想像しました。けれど、それだったら「遠慮がち」にはならず、もっと大胆な字になるかもしれませんね。

優秀賞

優秀賞の写真

【書評】
大きな「どすこい!!横綱みかん」を食べた子どもは、きっと健やかに大きく育つことでしょう。
みかんの皮が上手に剥けた状態のことを「花形」と形容し、それを我が子の成長の願いと重ねているところが素晴らしいと思いました。花形に剥けるようになった頃、「我が子」はきっと素敵な大人になっているはず。キョトンとした顔も、やがて凛々しくなっていくのでしょうね。

優秀賞

優秀賞の写真

【書評】
「母の人生の哲学はシンプルだ。分け合う幸せ。」という文章に惹かれて、優秀賞に選ばせていただきました。 お弁当を持って行っているところから、主人公は中学生か高校生の女の子なのかなと想像しました。10代の頃の喧嘩って、その後ずっと仲直りできない気がするものですが、意外と単純なきっかけで関係を修復できるもの。分け合う幸せ。本当に、シンプルですね。

ハナウタカジツ賞

ハナウタカジツ賞の写真

【書評】
「真似っこは昔から。」「その言葉も、君とのそんな見方も、初めてで。」など、リズムを重視して書かれているなということが感じられました。「どすこい!!横綱みかん」は大きいので、一人で食べるのもいいですが二人で分けあって食べると一層おいしく感じられるでしょう。ぜひ、実際にどなたかと分けあってご賞味ください!

写真

時季もあってか、受験を題材にした140字小説が多かったように思います。また、分けあって食べたり、誰かと一緒に食べたりと、「どすこい!!横綱みかん」が人と人とをつなぐアイテムとして使われている作品も多く見受けられ、選考しているこちらも暖かい気持ちになりました。
第一回目としてはたくさんのご応募をいただきましたので、また違う果実で140字小説コンテストを開催させていただきたいと思っております。今回は惜しくも受賞を逃したという方も、また挑戦されてみてください。次回も皆さまの力作をお待ちしております!(文責/あとーす)

最優秀賞作品をVOICE ACTION Corpさんの協力でナレーション録音しました。↓↓↓↓

 


他のコラボレポートも見る

  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 09
  • 08
  • 07
  • 06
  • 05
  • 04
  • 02
  • 01

ハナウタコラボ募集中ハナウタコラボ募集中

  • LINE@
  • ハナウタコラボ
  • メディア情報

ページの上部へ