ハナウタカジツ


ハナウタコラボ ハナウタコラボ

株式会社みかん 代表清原優太様
東大みかん愛好会×ハナウタカジツ

誰もが知る名門・東京大学の中に、一風変わったサークルが存在します。その名も「東大みかん愛好会」。部員数150人を誇り、 その名のとおり“みかん”を愛する若者たちが「みかん」の消費普及のため活動している一大サークルです。創設メンバーであり、 初代代表を務めていたのが清原優太さん。今回は、活動のきっかけや“みかん”に対する想いを熱く語っていただきました。

メディアも大注目! きっかけは「おこたでみかん」の写真メディアも大注目! きっかけは「おこたでみかん」の写真

メディアも大注目!
きっかけは「おこたでみかん」

2018年に放送されたTBS系列の人気番組「マツコの知らない世界」で、“みかん”に対する想いを熱く熱弁する男性。その人こそ、東大みかん愛好会の創設メンバーであり、初代代表でもある清原優太さんです。さまざまなメディアで取り上げられることも多く、みかん業界ではちょっとした有名人である彼。同好会の創設のきっかけを聞くと、「実は友達とコタツでみかん食べると楽しそうだよね、というかなり軽い感じのスタートなんです」と恥ずかしそうに話します。

軽いノリから始まったというサークルが大きく変化したのは、新入生勧誘のとき。「人を勧誘するんだったら、ちゃんとした理念があったほうがいいという話になって。調べたら、みかんの消費量が全盛期の3割以下に減っていることに衝撃を受けたんです。そこで自分たちにできることはないかと思って」。そこで“日本のみかんの消費量を増やす”という理念を掲げ、活動をはじめたといいます。

さまざまなイベントを開催 気付けば、大きなムーブメントにの写真さまざまなイベントを開催 気付けば、大きなムーブメントにの写真

さまざまなイベントを開催
気付けば、大きなムーブメントに

理念を掲げてからは、みかんに関心を持ってもらえるよう、さまざまなイベントを開催しました。例えば、文化祭のときには愛媛県松山市と協力して、みかん県の都市伝説を再現した蛇口からみかんジュース無料体験をしたり、入学式で新入生にみかんを配ったり。活動を続けるうちに、みかん生産者から声をかけてもらうことも多くなり、生産者とのコラボも多くなりました。「大学生ががんばってるんだから、自分たちも喜んで協力するという生産者の方が多いんです。正直ここまで大きくなるとは思っていませんでした。僕自身はサークル活動は引退し、いまは後輩たちががんばってくれています。みかんアイドルを作ったりして新たな活動が始まってるんですよ」。

現在、清原さんは株式会社みかんを設立し、代表として精力的に動いています。「みかんサミット」も活動の一つ。より多くの人にみかんの素晴らしさを知ってもらうのと同時に、産地や業種の垣根を超えて交流の輪が広がるよう企画され、2017年9月、和歌山県で行われた第2回みかんサミットには、日本各地から約200人が集まりました。

みかんのことを知るには まずは生産者を知ることの写真みかんのことを知るには まずは生産者を知ることの写真

みかんのことを知るには
まずは生産者を知ること

生産者のところへ直接出向いて、直接話しをするのが清原さんのスタイル。業界のことを話しあったり、新品種の開発に携わるなど、その行動力は“みかん愛”があるからこそ成せる技。「純粋にみかんが好きなんです。生産者と話すのは楽しいですし」。もちろんハナウタカジツを訪ねて、熊本にも足を運びました。「突然訪れたので、片山さんはびっくりしたと思います(笑)。泊まるところも決めてないと話したら、泊まるところも用意してくれて。本当に優しいですよね」。

ハナウタカジツとの出会いは愛好会時代。生産者からコラボの提案があることも多く、ハナウタカジツもそんな生産者の中の一つだったとか。「入学式の新入生勧誘イベントのときも、ハナウタカジツの“はるか”を配らせてもらいました。そのおかげか入部した新入生も多くて(笑)」。その後、清原さんがハナウタカジツを訪れたり、ハナウタカジツがみかんサミットに参加したりして、交流を深めていったそう。

これからどんなことがやれるか 考えるだけでワクワクするの写真これからどんなことがやれるか 考えるだけでワクワクするの写真

これからどんなことがやれるか
考えるだけでワクワクする

清原さんにハナウタカジツの印象を聞くと、「生産者としての熱意もさることながら、SNSやインターネットを使ったPRなど発信力がスゴイ。僕が知る中では、業界NO.1の発信力だと思います。これからの生産者は、どうPRするかというところはとても大事になる部分なので、ハナウタカジツがその先駆者になってほしいですね」と話します。

今後の目標を聞くと「まだちゃんとは決めてない」と話す清原さん。「でもどんな形であれ、みかんに携わることは続けていきたいです。生産者さんと一緒に、よりみかんの美味しさを広めていきたいですね。ハナウタカジツさんとは、コラボ商品とかを作ってみたら面白そう。考えただけでワクワクします」と楽しそうに話してくれました。“みかん愛”を貫く清原さんの動きに、今後も目が離せません。(聞き手/ライター 中川 みお)


他のコラボレポートも見る

  • kichijitsu Bakery様|ハナウタコラボ
  • 株式会社みかん 代表  清原 優太様|ハナウタコラボ
  • フラワーアーティスト  高木礼子様|ハナウタコラボ
  • 表参道発信プロジェクト  green bird様|ハナウタコラボ
  • 旅館 平山様|ハナウタコラボ
  • インスタ熊本オフ会ちっち。様|ハナウタコラボ
  • ハナウタカジツ×140字小説|ハナウタコラボ
  • 映像クリエイター 龍野聖玄様|ハナウタコラボ
  • Public activities(パブリックアクティブ)|ハナウタコラボ
  • KICHIJIEN cafe様|ハナウタコラボ
  • 肥後ジャーナル 編集長 りよう様|ハナウタコラボ
  • 俳優  小松野希海様|ハナウタコラボ
  • アートユニット  sho_maa様|ハナウタコラボ
  • Sake Bar 花らん香ろん様|ハナウタコラボ
  • Miko様|ハナウタコラボ
  • 洋食や花小町様|ハナウタコラボ

ハナウタコラボ募集中ハナウタコラボ募集中

  • LINE@
  • ハナウタコラボ
  • メディア情報

ページの上部へ