ハナウタカジツ


ハナウタコラボハナウタコラボ

Sake Bar 花らん香ろん
県産酒×ハナウタカジツ

“県産酒専門”のバー「Sake Bar 花らん香ろん」。現在ハナウタカジツの「どすこい!!横綱みかん」の生搾り果汁と、宇城市小川町の森田農場の有機ショウガ、サトウキビ粉末などが使われているノンアルコールシロップ「GINGER BOMBER」を使ったさまざまなカクテルを提供しています。

県産酒(花らん香ろん)×ハナウタカジツの写真

酒蔵の5代目でもある女性が開いた
ちいさな県産酒バー

上通りアーケードから入った小路、小さなビルの片隅に居心地のいい酒場があります。その名も「Sake Bar 花らん香ろん(CARAN CORON)」。明治35年創業の酒蔵「花の香酒造」(熊本県玉名郡和水町)に生まれ育った、神田優子さんが営むお店です。
 同酒蔵の5代目として伝統の日本酒や焼酎を受け継ぎ、女性にも好まれる日本酒といった数々の商品開発を手がけた優子さんが、実弟に経営を託し、この店を開いたのは2011年のことでした。

県内の酒&焼酎のおいしさを
地元の方に伝えたい

「酒屋さんや飲食店さんなど、いろいろなお店に商品をお届けするなかで気づいたのは、地元のお酒を飲めるお店が少ないこと。メニューに載っていたとしても、大半は県外のお酒ということも多かったんです」。
 熊本県内には、10軒の清酒蔵と30を超える焼酎蔵があり、県内の清酒蔵が一堂に会する勉強会も行われるなど、蔵元同士の交流も盛んです。つくり手のひとりとして、自らの蔵はもとより各蔵元がどんな思いで酒造りをしているかを肌で感じていた優子さんは、地元における県産酒の認知度の低さに、もどかしい気持ちを感じていたといいます。
 「地元の方にこそ、県産酒を飲んでいただきたい!」
 “県産酒専門”というスタイルのBarを開いた背景には、そうした思いがありました。

県産酒(花らん香ろん)×ハナウタカジツの写真

県内30蔵以上の県産酒が揃う

カウンターにずらりと並ぶ多彩な日本酒&焼酎。県内全10蔵の日本酒に加え、人吉地域でつくられる球磨焼酎など、常時30蔵前後の県産酒が揃います。
 「今でも初めてお見えになるお客様は、 “熊本のお酒って、こんなにたくさんあるの?”と驚かれることも多いんです」と、優子さん。今ではこの店で出会ったお酒に魅了され、来店すると決まってその銘柄だけをオーダーする常連さんもいるほどです。
 「県外のお客様をお連れになり、“この蔵のこの銘柄が好きなんだ”と薦めてくださるお客様もいらっしゃいます。県産酒を愛してくださっているのが感じられ、すごくうれしいですね」。

出会いは、ハナウタカジツの第一歩

優子さんとハナウタカジツの出会いは、優子さんが「花の香酒造」の社長を務めていた8年前にさかのぼります。
 「とあるイベントで片山さんとご一緒させていただく機会があったんです。“酒蔵さんなんですか?だったら、自分の結婚式の引き出物としてオリジナルラベルの焼酎をつくってもらえませんか!?”と、出会ったその日にオーダーをいただいて驚きました」
 そうして完成したのが、「花の香酒造」のミニボトルに、ふたりお気に入りの似顔絵をあしらったオリジナルギフト。新たな“家族農業”と社会とのつながりを大切にする、「ハナウタカジツ」のはじまりを予感させる出会いでした。

県産酒(花らん香ろん)×ハナウタカジツの写真

男女を問わず人気!
GINGER BONBERのカクテル

現在、「Sake Bar 花らん香ろん(CARAN CORON)」で人気なのが、「GINGER BOMBER(ジンジャーボンバー)」のカクテルです。「GINGER BOMBER」とは、ハナウタカジツの「どすこい!!横綱みかん」の生搾り果汁と、宇城市小川町の森田農場の有機ショウガ、サトウキビ粉末などを使ったシロップのこと。「花らん香ろん」では、そのノンアルコールタイプを使ったさまざまなカクテルを提供しています。
 「フレッシュな柑橘の香りや甘みと、すっきりとしたショウガの風味が際立ってとてもおいしいんです。濃縮タイプなのでいろいろなカクテルとしてアレンジしやすく、お客様にもお喜びいただいています」。
 減圧蒸留の球磨焼酎でつくるオリジナルカクテルはすっきりとしてクセがなく、女性客にも好評です。また、日本酒を使ったカクテルもあります。
 「香り高くてまろやかなものが多い熊本の日本酒の中でも、特に、フルーティーなタイプの日本酒との相性がいいですね。GINGER BOMBERは、それ自体に飲み応えがあるので、ノンアルコールカクテルとしてもバリエーションをお楽しみいただけます」。
 新たなラインナップとして、赤酒×GINGER BOMBERのカクテルも試作中だといいます。

県産酒(花らん香ろん)×ハナウタカジツの写真

季節の花や果実とのコラボも期待

「最近は、3月3日の桃の節句が近づくと、片山さんから桃の花が届くんですよ。日本酒に桃の花や花びらを浮かべて飲む“桃花酒”は美しいだけでなく、邪気をはらうなど、縁起がいい飲みものといわれます。桃の節句の前後にはお店で “桃花酒”としてご提供していますし、「花の香酒造」の蔵開きでも、ふるまい酒としてお召し上がりいただいています」。
 「今後は、ハナウタカジツのフレッシュな桃を使ったカクテルをはじめ、季節に応じたフルーツカクテルなども考えていきたい」と語る優子さん。県産のおいしいお酒とおいしい食材とのコラボメニューも思案中だとか。今後の展開に、ますます期待が高まります。(聞き手/ライター 木下 真弓)

今回お話をうかがったのは

神田優子さんの写真
Sake Bar 花らん香ろん CARAN CORON/
オーナー 神田優子さん
【店舗情報】
Sake Bar 花らん香ろん CARAN CORON
住所 熊本市中央区草葉町1-39 AIモール1F
電話番号 096-245-7872

営業時間 8:00〜24:00
日曜、祝日



他のコラボレポートも見る

  • 05
  • 05
  • 04
  • 02
  • 01

ハナウタコラボ募集中ハナウタコラボ募集中

ページの上部へ