ハナウタカジツ

ハナウタ便り

読書感想文

IMG_2091
芥川龍之介「蜘蛛の糸」
因果応報、戒めの短編小説。
地獄に堕ちた悪人カンダタ。お釈迦さまはカンダタが一度だけ蜘蛛を助けた善行を思い出し、地獄に一本の蜘蛛の糸を垂らします。蜘蛛の糸をよじ登り、地獄から脱出を試みるカンダタ。見下ろすとあとからあとから悪人が登ってくる。糸が切れてしまっては、たまらないと悪人を蹴落としてしまうカンダタ。そこでプッツリと切れた蜘蛛の糸、カンダタ再び地獄の底へ。

デコポンも重さで枝が折れないように1個1個ヒモで吊り上げます。
日々の手入れがハナウタカジツを育てます。


この投稿の関連記事

>>ハナウタ便り一覧へ
  • LINE@
  • ハナウタコラボ
  • メディア情報

ページの上部へ